« 卒業式予行練習 | メイン | ◇大口小学校人事異動について(案内) »

2018年3月15日 (木)

メノモチ作り体験(5年生)

3月15日(木)、5年生は総合的な学習で「メノモチ作り」をしました。

校区コミュニティーの全面協力で、毎年体験させていただいております。

まず、由来や今日の流れなどの説明をしていただきました。

Img_8405

Img_8407

杵と臼を使って、餅つきから体験です。

Img_8416_2

保育園などで経験がある子どももいて、なかなかの腕前ですね。

みんなで交代しながら、わいわい声をかけ合って楽しんでいました。

Img_8423

できたての餅を、手で丸めていきます。

Img_8409

メノモチが完成。きれいですね。

Img_8430_2

もちろん餅を試食。

芝生に丸くなって美味しそう。

Img_8426_2

最後に、みんなでメノモチバックに記念撮影をしました。

Img_8433

当初は2月はじめに行う予定でしたが、インフルエンザの流行を受け、3月に延期になっていました。今日は、ぽかぽか陽気、天気にも恵まれ、子どもたちは地域の伝統行事を楽しく体験することができました。

大口校区コミュニティーの皆様、ありがとうございました。

【メノモチについて】

◇時期 小正月(1/15)から節分(2/3)くらいまで行う行事

◇由来 種子島から伝わってきたもの  豊作祈願

◇材料について 

(色)

赤・白…昔からお祝い事の色として使われてきた。

黄色…あわを使っていた

緑…よもぎを使っていた

(木)

「えのき」…まな板に使われてきた。とても丈夫でよくしなる木。お餅をたくさんつけて、稲穂がしなる様子を表すため。現在は、伊佐でもなかなかない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/520973/34111788

メノモチ作り体験(5年生)を参照しているブログ: